気分はSクラス!? メルセデスベンツGLC次期型、これが豪華デジタルコックピットだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

気分はSクラス!? メルセデスベンツGLC次期型、これが豪華デジタルコックピットだ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツ『Cクラス』をベースとするクロスオーバーSUV『GLC』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。今回はそのコックピットも激写することに成功した。

豪雪のスカンジナビアでキャッチした最新プロトタイプは、まだカモフラージュも厳重でディティールは見えてこないが、グリルには力強いシングルバーを備えているほか、ヘッドライト上部に光るLEDデイタイムランニングライト、後部では、新設計されたスリムなテールライトの一部が確認できる。

またサイドミラーは、サイドウィンドウのコーナーから、ドアブレードに移動。最新のトレンドを踏襲している様子がうかがえる。

注目は、初めて撮影に成功した車内だ。そこには新しいインストルメントクラスターディスプレイと、角度のついたダッシュボード内のインフォテインメントディスプレイを装備している。『Sクラス』からインスピレーションを得たCクラス新型で見られるインテリアと非常に似ている。

市販型では、Cクラス新型を支えるメルセデスのモジュラー・リア・アーキテクチャを採用。おそらく2台はパワートレインも共有するはずで、マイルドハイブリッド技術を備えた直列4気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンをラインアップ。9速ATが標準となるほか、遅れてプラグインハイブリッドが追加される。

頂点には4.0リットルV型8気筒に代わり、電動化された2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載するAMG『GLC 63』を設定、最高出力は500hpを超えてくるはずだ。

GLC次期型のデビューは2022年と予想され、その後にGLCクーペも登場することになるだろう。

メルセデスベンツ GLC 次期型、内装を初スクープ!豪華デジタルコックピットを見よ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top