STIがレヴォーグとWRX向けにパーツを開発中か!? 東京オートサロン2022 | Spyder7(スパイダーセブン)

STIがレヴォーグとWRX向けにパーツを開発中か!? 東京オートサロン2022

自動車 ニューモデル
WRX S4 STI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • WRX S4 STI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • レヴォーグSTI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • BRZ GT(東京オートサロン2022)
  • BRZ STI Performance(東京オートサロン2022)
  • STI(東京オートサロン2022)
  • WRX S4 STI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • WRX S4 STI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)
  • WRX S4 STI Performance CONCEPT(東京オートサロン2022)

東京オートサロン2022スバルブースの参考出品コンセプトカーは、『E-RA CONCEPT』、『SOLTERRA STI CONCEPT』、『レヴォーグSTI Performance CONCEPT』、『WRX S4 STI Performance CONCEPT』の4台。

このうちレヴォーグWRX S4は、コンセプトカーといっても装着パーツはかなり市販を意識したもので、例年オートサロンで発表されたパーツが市販化につながることは多い。この2台は、マフラー、ブレーキディスク、各種スティフナー、各種エアロパーツなど既存製品で装着可能なSTIパーツで武装されている。

参考出品の部分はレヴォーグがチェリーレッドのフロント・サイド・リアのスポイラー類。そしてパフォーマンスマフラー。WRX S4は同じくパフォーマンスマフラーとドライカーボンのリアスポイラーとなる。チェリーレッドのアンダースポイラーはWRX S4ではすでに設定がある。レヴォーグのスポイラー類はこれと同様なものを試作・参考出品したものだ。

だが、パフォーマンスマフラーは、レヴォーグ、WRX S4ともに新規開発ということになる。WRX S4のドライカーボンリアスポイラーは、BRZに設定があるGTウィングタイプのステーで取り付けるものだ。これも開発中となる。

参考出品なので発売については未定というステータスになるが、ブース担当者らは市販したい意向のようだ。

STIがレヴォーグとWRX向けにパーツを開発中か…東京オートサロン2022展示車

《中尾真二@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top