バンパーには謎のライト装着...ポルシェ911改良新型、ついにフルデジタルコックピット採用!? | Spyder7(スパイダーセブン)

バンパーには謎のライト装着...ポルシェ911改良新型、ついにフルデジタルコックピット採用!?

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ポルシェ『911』のハイパフォーマンスモデル『911ターボ』改良新型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

992世代の『911』は2018年11月に発表、その後ハイパフォーマンスモデル『911ターボ』をはじめラインアップが追加されており、これが992世代として初の大幅改良となる。

豪雪のフィンランド山中で捉えたプロトタイプのフロントエンドは、水平方向のアクティブエアロスラットが垂直方向のスラットに置き換えられているほか、給気口もより大きく見える。さらにレーダーセンサーを収容する中央の開口部も新設計しているほか、バンパー外側に突き出した謎のライトを装着。その下部のデザインを隠していることからも、フロントマスクのイメージは大きく変わる可能性が高い。

後部では、現行型のLEDシングルストリップライトバーが4分割されているが、これが最終デザインかどうかは不明だ。キャビン内はインストルメントクラスターが布で覆われており、噂ではタコメーターを含めてフルデジタル化される可能性があるという。

パワートレインは、3.8リットル水平対向6気筒ツインターボチャージャーエンジンがキャリーオーバーされ、最高出力572hp、最大トルク750Nmを発揮する思われるが、微調整される可能性も残されている。ターボSでは最高出力641hp、及び最大トルク800Nmが見込まれている。

ポルシェ 911ターボ、大幅改良で内外装を大刷新? フルデジタルコックピット採用か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top