ポルシェ911 GT3 RS新型、モデル史上最もサーキット指向な1台に...前世代を圧倒! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ911 GT3 RS新型、モデル史上最もサーキット指向な1台に...前世代を圧倒!

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ポルシェが現在開発中の『911 GT3 RS』新型の最終スペックが見えてきた。最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。新型では、モデル史上最も高速サーキットに焦点を当てて開発が進められていると言われるが、どのような進化を見せるのだろうか。

911 GT3 RSは、愛好家の間で「公道のレーサー」とも言われ、自然吸気エンジンを搭載する究極の『911』とされている最強ストリートモデルだ。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、「GT3カップ」レースカーからそのまま持ってきたような攻撃的リアウィングを装着しており、ベースとなる「GT3」との違いは明らか。これにより後輪のダウンフォースを改善し、サーキットでのパフォーマンスをさらに向上させる。よく見ると、ウィングはアクティブ仕様で、ドライバーが加速している時に開き、急ブレーキをかけると閉じるように設定されているようだ。

ボンネットには開口部が拡大されたエアベントを配置。フロントエンドにはサイドインテークを備えるフロントバンパー、側面にはダミーのボディエクステンションで覆われた、エアエクストラクターを備えたワイドフロントフェンダーも確認できる。さらに後輪アーチのサイドベントは、薄い黒いカバーで巧妙にカモフラージュされている。

パワートレインは、自然吸気の4.0リットル水平方向6気筒エンジンを搭載、9500rpmの超高回転でパワーを発揮する。また最新情報によると、前世代の最高出力は520hpだったが、新型では572hpまで向上するという。

911 GT3 RS新型のワールドプレミアは、2022年内と予想される。

究極の自然吸気911、「GT3 RS」新型はどう進化するのか? 最新プロトをスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top