日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった | Spyder7(スパイダーセブン)

日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった

自動車 新車スクープ
日産フォーリア・コンセブト(2005年)
  • 日産フォーリア・コンセブト(2005年)
  • 日産シルビア初代(1965年)
  • スズキ・スイフトスポーツ現行
  • 三菱アウトランダーPHEVラリーアート・コンセプト(東京オートサロン2022)
  • 『ベストカー』2022年2月10日号

ベストカー』2022年2月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:450円(本体409円+税)

『ベストカー』2022年2月10日号巻頭スクープは日産『シルビア』の復活。シルビアの復活はかねてから噂されており、日産自身も初代シルビアをオマージュしたコンセプトカーを複数回提案している。日産は本気だ!

大特集は2023年の新車スクープ。2022年ではない、1年後の来年、2023年だ。誌面に登場するのはスズキ『スイフトスポーツ』、三菱『アウトランダーPHEVラリーアート』、日産『エルグランド』、マツダ『CX-60』&『CX-80』など。このあたりは自然に予想できるものやメーカーも予告しているモデルだ。

おおっ、と思うのはトヨタ『クラウン』&『クラウンクロス』、同じく「BIGミニバン」、日産『GT-R』(ハイブリッド)、スズキ『ジムニーシエラ5ドア』、日産『IMQ』&『Xモーション』、トヨタ『ハイエース』。さあ、どうなる?

気になる見出し……●日産は本気だ! シルビア復活でEV化を一気に加速!!●2023年のニューカーSCOOPカタログ●国産BIG3のEV戦略を読み解く●2022新車購入計画●2022年デビュー車の期待値ベスト10●最強の「お父さんグルマ」を探せ!●日本のSUV総選挙●ついに配備!! 220系クラウンパトカー捕捉!!

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top