ベースモデルで1700万円超えか...BMW最高級SUV『XM』、市販型に3つのパワーステージ | Spyder7(スパイダーセブン)

ベースモデルで1700万円超えか...BMW最高級SUV『XM』、市販型に3つのパワーステージ

自動車 新車スクープ
BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW XM 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWが2021年11月30日に発表した『コンセプトXM』の市販モデルとなる、新フラッグシップ・クロスオーバーSUV『XM』。その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ガソリンエンジンの終焉はまだ数年先だが、自動車産業はフルエレクトリックモデルにシフトしている。BMWでそのギャップを埋めるのはプラグインハイブリッドであるXMのようなモデルだ。

キャッチした最新プロトタイプは、これまで武装していた車両のクラッディングの一部を削除、これによりディテールが徐々に見えてきている。フロントバンパーにはまだカモフラージュが残っているが、BMWは市販モデルがコンセプトデザインの90%以上を保持することをアナウンスしており、根本的な違いはなさそうだ。

ただし、ヘッドライトがシングルデザインのコンセプトに対し、今回のプロトタイプは上下二分割のスプリットタイプを採用しており、市販モデルがどうなるか注目だ。またコンセプトではバブルルーフ両サイドに配置されていたLEDストリップが見られないのも気になるところだ。

噂によるとXMは、3つの異なるパワーステージを提供。最も強力なバリエーションはV型8気筒ツインターボチャージャーエンジンとプラグインハイブリッドテクノロジーを組み合わせたもので、最高出力750ps、最大トルク1000Nmを発揮。EV航続は80kmの動力性能を実現するという。

BMWは、市販モデルの発表時期を明確にしていないが、2022年夏が期待されており、高性能と豪華さを組み合わせたパッケージにより、ブランドのフラッグシップとなるだろう。車名は「X8」になるとの情報もあるXM。市販価格はベースモデルで15万ドル(約1740万円)と予想されている。

ベースモデルで1700万円超え? BMWの最上級電動SUV『XM』、最終形が見えてきた

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top