BMW 8シリーズファミリーを一斉大幅改良へ...キャビン内にはより大型ディスプレイ搭載! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 8シリーズファミリーを一斉大幅改良へ...キャビン内にはより大型ディスプレイ搭載!

自動車 新車スクープ
BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ コンバーチブル 改良新型プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、フラッグシップモデル『8シリーズ』ファミリーの大幅改良に着手しているが、オープン派生モデルとなる「8シリーズ コンバーチブル」市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

現行型となる第2世代のコンバーチブル「G14」型は、2018年に発売されており、これが初の大幅改良となる。2021年5月以来、ミュンヘン市街地で捉えた最新プロトタイプだが、これまで目撃した2ドアクーペと4ドアグランクーペとほとんど同じフロントエンドを持っている。改良新型では、よりスリムなヘッドライト、ほぼ同じサイズのグリルを装備、バンパーはがっちりとガードされており、エアインテークの形状は不明だ。

大幅改良されるクーペ、グランクーペ、コンバーチブルの顕著な違いは後部デザインだろう。このプロトタイプでは、テールライトがリアエンドのコーナーに変更を加え、新設計されている様子がうかがえる。

キャビン内では、より大型のインフォテインメントメインスクリーンを中央に配置される。またパワートレインはわずかに向上すると予想されるが、駆動列の変更はないと思われる。

8シリーズ カブリオレ改良新型のワールドプレミアは、2022年前半に期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top