LEDでスポーティさ演出...ホンダ『フリード』が7年振りフルチェンへ!デザイン大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

LEDでスポーティさ演出...ホンダ『フリード』が7年振りフルチェンへ!デザイン大予想

自動車 新車スクープ
ホンダ フリード 次期型 予想CG
  • ホンダ フリード 次期型 予想CG
  • ホンダ フリード 次期型 予想CG
  • ホンダ フリード
  • ホンダ フリード(クロスター)
  • ホンダ フリード(クロスター)
  • ホンダ フリード(クロスター)
  • ホンダ フリード(クロスター)
  • ホンダ フリード(クロスター)

新型『ステップワゴン』が話題となっているが、ホンダの主力ミニバンといえば『フリード』の存在を忘れてはならない。現行モデルは2016年の発売なので、そろそろフルモデルチェンジが近づいているはずだ。そんな中、スクープサイト「Spyder7」が新型に関する情報を入手した。

自由の「Free」と、行動するの「Do」を合わせた造語を車名に持つ初代フリードは、『モビリオ』の後継モデルとして2008年に登場。日本にアジャストしたボディサイズながらゆとりある居住空有間を実現し、人気車種となった。現行型の2代目は2016年から発売されており、フルモデルチェンジが近づいている。

気になる新型フリードだが、3列シート(6~7人乗り)のフリードと、2列シート(5人乗り)のフリード+の構成は変わらないだろう。多くのユーザーに受け入れられているパッケージングも、基本的に変わることはなさそうだ。

デザインは、Aピラーを若干傾斜させたワンモーションスタイルが特徴。ボディサイドはウインドウが大きく、居住空間の広さを視覚的にも表現するだろう。フロントマスクはミニマリズム的な哲学が取り入れられた『フィット』や『ヴェゼル』との共通性が感じられるものとなりそうだ。

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒エンジンに加え、最高出力98psを発揮する1.5リットル直列4気筒+最高出力110psを発揮する「e:HEV」2モーターハイブリッドを搭載。先代のi-DCDから燃費、走行性能が進化する。

新型では、Honda CONNECT搭載、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応する。また最新のHonda Sensingを標準装備。フロントワイドビューカメラに8ソナーセンサーが組み合わされ安全性が格段に向上すると思われる。

新型フリードのワールドプレミアは2022年内、発売は2023年と予想される。

ステップワゴンの次は新型『フリード』だ!発表は年内か?デザインを大予想

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top