2月8日デビュー決定...アルファロメオ新型SUV『トナーレ』、ついに市販型LEDが見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

2月8日デビュー決定...アルファロメオ新型SUV『トナーレ』、ついに市販型LEDが見えた!

自動車 新車スクープ
アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ スクープ写真

アルファロメオが開発を進める新型コンパクト・クロスオーバーSUV、『トナーレ』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

トナーレは、サブコンパクト・ラグジュアリークロスオーバーセグメントに属す新型SUVで、同社初の電動モデルになるとともに、価格とボディサイズの両方で兄貴分「ステルヴィオ」の下に位置することになる。

豪雪のスカンジナビアで捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、ハーフカップ型のトリプルLEDデイタイムランニングライトや、テールライトなど市販型コンポーネントデザインが初めて露出している。またフロントバンパーのエアインテーク形状がみてとれるほか、垂直のスリットが配置されている様子も伺える。

2019年に公開されたコンセプトモデルと比較すると、スポーティなウィンドウラインやトーンアップされたフェンダーを保持しているが、デジタルサイドカメラとポップアップドアハンドルは、従来のものに置き換えられているほか、ヘッドライトとテールライトが若干サイズアップされ実用性が高められているようだ。また後部ではステルヴィオに似たリアバンパーを装備しているが、デュアルエキゾーストパイプは見えていない。

キャビン内では、コンセプトに近いレイアウトが予想され、12.3インチのデジタルゲージクラスターと、10.3インチのセンタータッチスクリーンの採用が期待できそうだ。

市販型のボディサイズは、全長4,528mm、全幅1,835mm、全高1,604mm、ホイールベース2,636mmという情報をすでに入手、兄貴分ステルヴィオは全長4,687mm、全幅1,903mm、全高1,648mm、ホイールベース2,818mmであり、明らかにコンパクトサイズとなっている。

パワートレインは、最高出力130psを発揮する1.6リットルディーゼルエンジン、最高出力130ps、160psを発揮する1.3リットル直列4気筒エンジンをラインアップする。またハイエンドモデルには、1.3リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンと電気モーターが組み合わされるPHEVモデルを設定、システム合計の最高出力は240psと噂されている。トナーレは、よりドライバーに焦点をあわせたサスペンションとシャーシのセットアップを持ち、兄弟モデルのジープ「4Xe」よりすぐれたパフォーマンスが見られるはずだ。

トナーレ市販型のワールドプレミアは2月8日に決定、市場ではBMW「X1」、アウディ「Q3」、メルセデスベンツ「GLA」ら強豪人気車種と争うことになる。また同社では、トナーレの後に欧州Bセグメントに属する第3のクロスオーバー「ブレンネロ」が噂されており、こちらはガソリンモデルの他、フルエレクトリックバージョンも期待されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top