メルセデスGLEの頂点...AMG『GLE 63』改良新型を初スクープ!車内には新ステアリングホイール装備 | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスGLEの頂点...AMG『GLE 63』改良新型を初スクープ!車内には新ステアリングホイール装備

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLE 63 プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは現在、ミドルサイズ・クロスオーバーSUV『GLE』の改良に着手している。今回は、その頂点に君臨するハードコアモデル、メルセデスAMG『GLE 63』のプロトタイプを初めてスクープした。コックピットの写真とともに詳細をお伝えする。

現行型のGLE(W167/C167型)は2019年にデビュー、これが初の大幅改良となる。フィンランドで捉えたプロトタイプは、ヘッドライトとテールライトをカモフラージュ。エクステリアはこの2箇所が集中的にリニューアルされる。ただしどちらもアウトライン形状を変えることなく、内部グラフィックスの刷新となりそうだ。

また後部ではLEDテールライトをつなぐラインがカモフラージュされており、クロムストリップがリフレッシュされるか、完全に削除される可能性がある。またリバースライトがゲートへ移動されているようだ。

キャビン内では、スポーク形状が新設計されたフラットボトムステアリングホイールを装着、「CLS 53」や「EQS 53」と同じスタイルに変更される。またセンターコンソールのボタンの変更や、インフォテイメントシステムと運転支援システムのアップデートもおこなわれるはずだ。

現行型パワートレインは、おなじみの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンだ。最高出力571ps、最大トルク750Nmを発揮、高性能モデルの「63S」では最高出力612ps、最大トルク850Nmとなっている。今回の改良でさらなるパワーアップがなされるかは不明だ。

GLE 63のデビューは、2022年内と予想される。

メルセデスAMG『GLE 63』改良新型を初スクープ!新ハンドル形状も確認

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top