新型アウトランダー風マスク採用か...三菱L200次期型、初の電動化で馬力向上、ボディは拡大へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

新型アウトランダー風マスク採用か...三菱L200次期型、初の電動化で馬力向上、ボディは拡大へ!

自動車 新車スクープ
三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

三菱のピックアップトラック『L200』(欧州名)の次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

アジアやオセアニア市場で『トライトン』として販売されるL200は、かつて日本でも2006年から2011年まで正規輸入販売されていた、1トンクラスのピックアップトラックだ。L200として5代目となる現行型は2014年にデビュー、その後2018年に大幅改良が行われており(英国では新型として発売)、いよいよ次世代型へバトンタッチされる。

スウェーデンで捉えたプロトタイプは、フロントエンドを中心に全体をカモフラージュしている。ヘッドライトは、2012年の古い『ミラージュ』のハロゲンユニットが組み込まれており、ボディは現行型のテストミュールのようだ。それでもホイールベースが延長されている様子がうかがえる。

L200は、ルノー・日産・三菱アライアンスによる共同開発で、日産『ナバラ』と同じアーキテクチャを採用。フロントマクスは新型『アウトランダー』と共通する最新のダイナミックシールドを採用し、差別化が測られる。

後部では、これまでとは異なる位置からシングルエキゾーストパイプが突き出している。荷台にはユーロパレットと金属製のケージがストラップで固定されているが、これは積載能力と重量バランスをテストするための機材だろう。

パワートレインは、初の電動化が注目される。市場に応じてガソリン、ディーゼルエンジン両方を備えたプラグインハイブリッドバージョンを提供する可能性もある。特に排出ガス基準が厳しいヨーロッパでは、ガソリンエンジンをベースとするPHEVシステムを採用することでこれに対応。大型バッテリーと強力な電気モーターを備え、パワーと環境性能を高次元で両立した、新時代のピックアップトラックとなるだろう。

かつての「トライトン」はどこまで進化する!? 三菱 L200 次期型、初の電動化か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top