伝説のスーパーカー『チゼータ』が帰って来る!オリジナル6.0リットルV16エンジンを採用か | Spyder7(スパイダーセブン)

伝説のスーパーカー『チゼータ』が帰って来る!オリジナル6.0リットルV16エンジンを採用か

自動車 新車スクープ
チゼータ V16T
  • チゼータ V16T
  • チゼータ V16T
  • チゼータ V16T
  • チゼータ V16T
  • チゼータ V16T

個性あるデザインで人気を博したスーパーカー、『チゼータV16T』が、ドイツを拠点とする「EMA GroupGmbHの手により復活を目指してしていることがわかった。

世界的にスーパーカーが爆発的に増加した80年代後半から90年代初頭、ポルシェ「959」をはじめ、フェラーリ「F40」、ブガッティ「EB110」など伝説のモデルが誕生したが、その市場に参入しようと試みたのがチゼータだ。

かつて1973年までランボルギーニに在籍していたクラウディオ・サンポーリ氏が創設者として設立したチゼータは、1988年のジュネーブモーターショーにて「V16T」を発表した。4つのポップアップヘッドライトという印象的なフロントエンドで注目され、そのパワートレインは、最高出力500psを発揮する6.0リットルV型16気筒エンジン、64バルブを搭載した。1991年に発売されたが、わずか15台の生産で倒産。その後2003年にサンポーリ氏は「チゼータ オートモービルUSA」を設立し、再びV16Tの生産を開始した。初期のチゼータでは12台が生産されたが、その1台はブルネイ国王の手に渡っている。

ドイツで高級イタリアの輸入貿易事業を営むアントニオ・マンデリッヒが所有する「EMA GroupGmbH」社では、現在オリジナルモデルのデザイナー、マルチェロ・ガンディーニ氏の承認を待っている状況で、公式ホームページには「夢が帰って来る」と記されている。

注目はその心臓部だ。マンデリッヒ氏は、復活するV16Tを電動化することなくオリジナルの6.0リットルV型16気筒エンジンを搭載することを計画。そこにクワッドターボチャージャーをボルトで固定、市販型ボディはカーボンファイバーモノコックで構成することにより、スペックの強化を図るという。

初代モデルの動力性能は0-100km/h加速4.3秒、最高速度328km/hと当時としては驚異的な数値を残しているが、新型ではそれ以上のハイスペックが予想される。

V16T復活のスケジュールは不明だが、すでにプロトタイプが完成し、走行テストが開始しているとも噂されている。スクープ成功次第、お伝えしていこう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top