BMW M2新型は序章に過ぎないのか...コンパクトモデルにさらに過激な「CS」「CSL」計画の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW M2新型は序章に過ぎないのか...コンパクトモデルにさらに過激な「CS」「CSL」計画の噂!

自動車 新車スクープ
BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M2 新型 プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、コンパクト2ドアスポーツカー『2シリーズクーペ』のハードコアモデル『M2』を開発中だが、その最新プロトタイプがスノーテストに出現した。

同社のパフォーマンスM部門では、2022年に「XM」、「M3ツーリング」、「M4 CSL」など多くの新型モデルを発表予定だが、新世代のM2クーペは、2022年に登場予定のガソリンエンジン車で最も期待されているプレミアムモデルの1台だ。

フィンランド北部で捉えたプロトタイプは、M3/M4デュオで見られた巨大キドニーグリルが搭載されないことを再確認。代わりに従来の伝統的キドニーグリルを採用している。またフロントエンドでは、シームレスに統合されたいくつかのエアインテークが、ラジエーター、インタークーラー、及びフロントブレーキディスクにスムーズに新鮮な空気を送り込むはずだ。

側面では、Mブルーで塗装されたドリルブレーキローターと、キャリパーを備える275/35 R19のホイール&タイヤをフロントアクスルに装着、「M240i」と比較してわずかながら大振りなホイールアーチを装備し、よりワイドなトラックを完成させている。

さらに後部では、M3/M4に非常によく似た円形のクワッドエキゾーストパイプがインストールされているほか、際立つトランクリッドスポイラーが装着されている。

パワートレインは、兄貴分の『M4クーペ』が搭載する3.0リットル直列6気筒「S58」エンジンをデチューンして流用、最高出力は410ps~420psを発揮する。「コンペティション」では最大450ps~470psとも噂されており、6速マニュアル、または8速オートギアボックスと組み合わされる。後輪駆動はほぼ確定だが、全輪駆動の「M xDrive」が提供されるか注目だ。

M2とM2コンペティションは、コンパクトモデルの氷山の一角に過ぎず、この2台が2022年夏にデビュー後は、より過激な「CS」、さらにハードコアな「CSL」が計画されている可能性があるという。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top