日産アリアと兄弟車も...アルピーヌ、2026年までにSUVなど3台の新型エレクトリックモデル発表へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

日産アリアと兄弟車も...アルピーヌ、2026年までにSUVなど3台の新型エレクトリックモデル発表へ!

自動車 新車スクープ
アルピーヌ 新型EV ティザーイメージ
  • アルピーヌ 新型EV ティザーイメージ
  • アルピーヌ GT Xオーバー
  • アルピーヌ A110

アルピーヌは、2026年までの戦略的計画を発表、その1台が「GT Xオーバー」と名付けられるクロスオーバーSUVであることもわかった。

GT Xオーバーは、ルノー・日産・三菱アライアンスが開発、日産「アリア」と共有する「CMF-EV」プラットフォームを採用、欧州CセグメントのフルエレクトリックSUVとなる。2025年までに生産が開始される予定で、「ブランドの競争力あるノウハウと、グループのエレクトリックモデルでの経験、スポーツにおけるすべての卓越性を組み合わせ、アルパインブランドの定義するモデルとなる」と語っている。またディエップ工場に投資、フランス・ノルマンディー地域で生産される初のエレクトリックモデルになることもわかっている。

そのほか、「A110」の新バージョン、アルピーヌが「コンパクトカー」と語るハッチバックなどが計画されており、こちらは、ルノー「5」のスポーティーバージョンと予想されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top