最大811馬力の衝撃...BMW M5次世代型、電化された実車を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

最大811馬力の衝撃...BMW M5次世代型、電化された実車を初スクープ!

自動車 新車スクープ
BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWを代表するハイパフォーマンスセダン『M5』の次期型を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。BMWは次期型『5シリーズ』の開発を進めているが、M5のスパイショットは初めてだ。

7代目となる現行5シリーズ(G30型)は、2016年に発表、翌2017年には最強モデルのM5が設定された。2020年6月にはフェイスリフトが執行され、いよいよ8代目へ世代交代となる。2021年には、CEOであるマーカス・フラシュ氏が、次期型M5がハイブリッドモデルとしてデビューすることを明言しており、そのスペックが注目されていた。

捉えたプロトタイプのフロントドアには、「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッド テスト車両)のステッカーが貼られいるほか、左フロントフェンダー後部には充電口が確認できることから、この車両がプラグインハイブリッドであることがわかる。この充電口は、「545e xDrive」になるものとほぼ同じサイズ、形状、そして同じ位置に配置されているようだ。

その他、より大きなエアインテークと、ワイドなキドニー・グリルを備える新設計されたバンパーを装着している。側面では、幅の広いトラックを隠すワイドなフロント&リアフェンダー、サイドシルエクステンションを装備。足回りには大径のクロスドリルディスクブレーキ、力強い5スポークホイールが装着されている。

また後部では円形クワッドエキゾーストパイプやリアアンダースポイラーも見てとれる。ボンネットは膨らむ可能性があるが、ヘッドライトやテールライトはまだダミーコンポーネントだ。

注目のスペックだが、SUVの『XM』から流用されるV型8気筒ツインターボ+電気モーターを搭載、最高出力は760ps、最大トルク999Nmを発揮する。これまでで最も強力なM5として2021年に発表された非ハイブリッド「M5 CS」の636psを大幅に上回る。また噂されるフルエレクトリック版「i5M」では3モーターを積み、最高出力811psを発揮すると予想されている。

5シリーズ次期型は、フルエレクトリック版「i5」とともに2023年半ばにデビュー。M5はその半年から1年後の2024年内の登場が期待される。

BMWの最強セダン『M5』がついにハイブリッド化!歴代最高「811馬力」の衝撃

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top