ジープ コンパスベースの7人乗り、『コマンダー』がPHEV引っさげグローバルデビューへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジープ コンパスベースの7人乗り、『コマンダー』がPHEV引っさげグローバルデビューへ!

自動車 新車スクープ
ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)
  • ジープ コマンダー 開発車両(スクープ写真)

ジープの3列7人乗りクロスオーバーSUV、『コマンダー』開発車両をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

コマンダーは2005年のニューヨークモーターショーで発表、2006年~2010年まで販売されていたモデルで、日本市場にも導入されていた。その後11年の歳月を経た2021年8月、「コンパス」をベースとした南米向け7人乗りSUVとして「コマンダー」の名称が復活した。

そのコマンダーが再びカモフラージュし北ヨーロッパに出現。グローバルバージョンをテストしている可能性がある。デザインの詳細は不明だが、比較的平らなルーフと長いオーバーハング、より大きなクォーターウィンドウと、新設計されたDピラーも確認できる。

南米向けコマンダーと比較すると、フロントバンパーLEDデイタイムランニングライトや、テールライトのグラフィックスのデザインなどが一致しているが、名称と同様に市場によっては異なるデザインバリエーションが期待できるという。ちなみにインド市場では、「ジープ メリディアン」として販売が予想されている。

パワートレインは、最高出力182ps、最大トルク270Nmを発揮する1.3リットルターボチャージャー付き「T270」ガソリンエンジン、最高出力170psを発揮する2.0リットル「TD380」ターボディーゼルをラインアップ。前者は6速、後者は9速オートマチックを介して前輪または4輪すべてに動力が送られる。またコンパスから「eハイブリッド」システムを継承したPHEVパワートレインが期待できるだろう。

7人乗りコンパスは2022年後半にデビューすると予想され、「グランドコンパス」と呼ばれる可能性があるという。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top