2023年日本導入...マツダ最大級SUV、『CX-80』市販型はこうなる! | Spyder7(スパイダーセブン)

2023年日本導入...マツダ最大級SUV、『CX-80』市販型はこうなる!

自動車 新車スクープ
マツダ CX-80 予想CG
  • マツダ CX-80 予想CG
  • マツダ CX-80 予想CG
  • マツダ CX-50
  • マツダ CX-50
  • マツダ CX-50
  • ラージ群:ガソリンエンジン・プラグインハイブリッド
  • マツダCX-8
  • マツダCX-8

マツダが開発を進める新型クロスオーバーSUV、『CX-80』の情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。3列シートSUV『CX-8』の後継モデルと予想されるCX-80の姿とは!?

マツダは昨年、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の計画を発表した。すでに北米でデビューした『CX-50』をはじめ、ラージ商品群では、2列シートの『CX-60』、『CX-70』、3列シートの『CX-80』、『CX-90』などが導入予定となっている。

マツダはCX-50からCX-90までのSUV群を投入する計画。写真はCX-50

このうち、北米市場には「50」、「70」、「90」を投入、欧州市場には「60」と「90」、そして日本市場には「60」と「80」を展開予定で、今回紹介するCX-80は日本市場で展開するマツダ車としては最大サイズとなる。

一方で、同社から発表された今後のラインアップ資料には『CX-3』や『CX-5』は確認できるが、CX-8の名はなく、CX-80が実質的な後継モデルとなると見られている。

CX-80は、エンジンが縦置きのラージアーキテクチャを採用し、CX-8が前輪駆動ベースなのに対し後輪駆動ベースへと変更される。パワートレインは、直列6気筒「SKYACTIV-X」ガソリンエンジン、及び「SKYACTIV-D」ディーゼルエンジンをラインアップし、どちらも48Vマイルドハイブリッドと組み合わされる。また遅れて直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するプラグインハイブリッドが設定されるはずだ。

そして気になるのがそのデザイン。これまでの魂動デザインの流れを汲みながら、最新のCX-50に見られるエッセンスが取り入れられたものとなるだろう。ヘッドライトはビッグマイナーチェンジ版CX-5と同じく、2連LEDを採り入れた薄型のものに。フロントグリルもCX-50のように細くシャープな形状となることで、より前衛的な表情となる。シルエットはマツダらしい流線型を踏襲しながらも、SUVらしいワイルドさも感じられるものとなりそうだ。

CX-80の日本発売は2023年内と予想される。今後マツダは、2020年代半ばからフルエレクトリック商品群を導入予定で、2030年までに100%の電動化を計画している。

マツダ『CX-80』日本導入は2023年か、CX-8後継3列シートSUVのデザインは

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top