「今後SUVは開発しない」アストンマーティン、今後の注目は『ラゴンダ』EVで復活! | Spyder7(スパイダーセブン)

「今後SUVは開発しない」アストンマーティン、今後の注目は『ラゴンダ』EVで復活!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707

アストンマーティンは、クロスオーバーSUV『DBX』の最強バージョン『DBX707』を発表したばかりだが、今後新たなSUVは開発しないという情報を入手した。

DBX 707は4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをハイチューン、最高出力は車名のとおり707ps、最大トルク900Nmを発揮、ランボルギーニ「ウルス」の650ps、アウディ「RS Q8」の600psを凌駕、同社では「世界で最もパワフルなラグジュアリーSUV」と表現している。

その勢いが冷めぬ間に衝撃のニュースだ。同社CEOであるトビアス・ムアース氏は、今後新型クロスオーバーSUVを開発しないことをメディアに語ったと言う。高級ブランドでは、SUVで成功を収めるとコンパクトSUVや大型SUVなど導入する傾向があり、アルファロメオは「トナーレ」、マセラティは「グレカーレ」などコンパクトモデルを投入予定だ。しかし、同社では「長いホイールベースは他の人に任せる」とまったく興味を示してない様子で、SUVはDBXで終焉を迎えそうだ。

かわって注目のニュースは、往年のセダン「ラゴンダ」がEVモデルとして2025年以降に復活する計画を立てていることだ。ラゴンダは1974年から1990年まで販売された同社の大型高級4ドアサルーン。最終モデルとなった「シリーズ4」では、5.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載、最高出力240psを発揮し、0-100km/h加速8.8秒、最高速度230km/hという動力パフォーマンスだったが、新型EVとなればそれらを圧倒するパフォーマンスが期待できるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top