カーボンファイバー強化シートみえた...BMW M4最強モデルは「CSL」に確定! | Spyder7(スパイダーセブン)

カーボンファイバー強化シートみえた...BMW M4最強モデルは「CSL」に確定!

自動車 新車スクープ
BMW M4 CSL 開発車両をスクープ。シートの後ろに「CSL」の文字が
  • BMW M4 CSL 開発車両をスクープ。シートの後ろに「CSL」の文字が
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)
  • BMW M4 CSL 開発車両(スクープ写真)

BMWは現在、2ドアスポーツカー『M4クーペ』のさらなる高性能モデルの開発を進めている。その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

BMWは昨年末、元BMW MディビジョンCEOのマーカス・フラシュ氏が「M4 CSL」の存在を示唆していたが、公式発表はなく、その正式な車名も断定的ではなかった。

給油中の姿を捉えた最新スパイショットでは、ドアが開いたインテリアにズームイン。そこには標準モデルと少し異なる、より多くのカーボンファイバーで強化された軽量バケットシートを見ることができた。またその後ろには「CSL」のロゴを発見。CSLの名が確定したと言って良いだろう。また、後部座席が排除された完全な2シーターとなるもようだ。

エクステリアでは、エアロコンポーネントとバンパー、グリル、ホイールなどすべて新設計されている。後部には、際立つリアスポイラーを装備。テールライトの変化を見つけるのは難しいが、ディフューザーは若干変更されているようだ。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載。「M4コンペティション」では最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮するが、M4 CSLでは550psまで向上するという。また動力性能は、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下となる。

後輪駆動で、オートマチックギアボックスの設定のみか、マニュアルと両方提供されるのかは不明だ。最新情報では、Mディビジョン50周年に向け、マニュアルギアボックスのみが搭載される別の限定バージョンが用意される可能性があるといい、その場合はオートマチックのみになるはずだ。

M4 CLSのワールドプレミアは、2022年夏のイベントが有力だという。

車名は「CSL」で確定!最強のBMW M4クーペは、後部座席なしの超スパルタン仕様

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top