「それほど遠くない」...アストンマーティン最強「DBX 707」、ニュル最速SUVの称号へのカウントダウン! | Spyder7(スパイダーセブン)

「それほど遠くない」...アストンマーティン最強「DBX 707」、ニュル最速SUVの称号へのカウントダウン!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707
  • アストンマーティン DBX 707

アストンマーティンは、クロスバーSUV『DBX』フラッグシップモデルとなる『DBX 707』を発表したばかりだが、早くもニュル最速SUVのレコードを塗り替える可能性があるようだ。

DBX 707は、パフォーマンスの全面的な改善に貢献するサスペンションの変更とブレーキのアップグレードがなされ、4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンをハイチューン、最高出力は車名のとおり707ps、最大トルク900Nmを発揮、動力性能は0-100k/h加速3.1秒を誇る。これはランボルギーニ「ウルス」の650ps、アウディ「RS Q8」の600psを凌駕、同社では「世界で最も強力で高級なSUV」と表現している。

またアップグレードされたV8に加え、ボディロールをさらに抑えるためにサスペンションの微調整と電子機能の強化を多数実行、新開発の9速ウェットクラッチトランスミッションはシフト時間の短縮に貢献している。電子リアディファレンシャルは、加速を向上させるためにファイナルドライブレシオが短く、大型カーボンセラミックブレーキがパワーを巻き込むのに役立っているという。

同社では、生産型クロスバーSUVのニュルブルクリンク最速の称号を狙っており、CEOであるトビアス・ウアース氏は、「記録を追いかけるべきですか?おそらくそのつもりです。それはそれほど遠くないでしょう」とメディアに語っている。

ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにおけるSUV最速レコードは、2021年6月、ポルシェ『カイエンターボGT』によって叩き出された7分38.9秒だ。DBX 707は標準ピレリタイヤで7分38病に近い記録を出しているとみられ、アグレッシブなトラックフォーカスのタイヤを履けばレコード更新は濃厚と言えそうだ。

記録挑戦は、2022年の第2四半期に予定されている発売日あたりが有力だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top