新スプリットDRL装備...ポルシェ カイエン改良新型、2022年内デビューが濃厚! | Spyder7(スパイダーセブン)

新スプリットDRL装備...ポルシェ カイエン改良新型、2022年内デビューが濃厚!

自動車 新車スクープ
ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ カイエン 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

ポルシェは、カイエン特別仕様車「プラチナエディション」の受注を開始したばかりだが、改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

凍てつくフィンランド山中で、寒冷地テスト中をキャッチしたプロトタイプは、徐々にディテールが見えてきている。フロントエンドのコーナーエアインテークは新デザインになり、上部にスプリットタイプのLEDデイタイムランニングライトが配置されている。またヘッドライトのアウトラインも隠されており、刷新される可能性もありそうだ。

後部では、新設計のバンパーとリフトゲートを装備、ナンバープレートがリフトゲートからバンパーに移動されていることがわかる。ディフューザーとデュアルエキゾーストシステムは現行と同じようだが、テールゲートを走るLEDストリップをカモフラージュしており、テールライトのグラフィックスと合わせてリフレッシュされることが濃厚だ。

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスターと新しいインフォテインメントシステムが搭載されるほか、新設計のステアリングホイール、911同様のコンパクトなギアシフターが採用される。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する2.9リットルターボチャージャー付きV型6気筒エンジンから、最高出力549psを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジンなどがキャリーオーバーされると予想されるほか、最高出力679ps、最大トルク850Nmを発揮するプラグインハイブリッド「SE-ハイブリッド」がアップデートされる。

カイエン改良新型のワールドプレミアは、2022年内に期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top