ボルボ『XC40』改良新型がフルヌードで出現...これが新ヘッドライトだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ボルボ『XC40』改良新型がフルヌードで出現...これが新ヘッドライトだ!

自動車 新車スクープ
ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ボルボ XC40 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

ボルボのコンパクト・クロスオーバーSUV、『XC40』改良新型の市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

スカンジナビアで捉えたプロトタイプは、一切のカモフラージュをまとっていない。実はヨーロッパのいくつかの国の公式ページには、すでに改良新型の画像がアップされており、公式のワールドプレミアなしにモデルを静かに発表しているわけだ。ただし、北米の公式HPには改良前のモデルが掲載されている。

XC40は、2016年に「Concept 40.1」として公開、翌2017年に新世代「CMA(Compact Modular Architecture)プラットフォームを初めて採用したコンパクトSUVとして発売されており、これが初の大幅改良となる。

フロントエンドは、フルエレクトリック・クーペSUV「C40リチャージ」から継承する新設計されたLEDヘッドライト、バンパーを採用、デイタイムランニングライトもわずかに変更されているようだ。後部ではバンパーを刷新、テールライトはわずかにLEDグラフィックが更新されている。

内部では、タッシュボードの装飾ストリップが新素材に変更、XC40リチャージで見られるように、9インチのタッチスクリーンにより、Googleベースのインフォテインメントの恩恵を受ける。またボルボのシグネチャーADASシステムと安全機能を保持する。

パワートレインは、2つのマイルドハイブリッド(B3、B4)と、2つのプラグインハイブリッド(T4、T5)がラインアップされ、3つのトリムレベル(Core、Plus、Ultimate)で利用可能だ。B3には最高出力163psを発揮する2.0リットルのマイルドハイブリッドが搭載、一方B4はより強力な最高出力197psを発揮、AWDオプションが設定される。

プラグインハイブリッドでは、1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて、最高出力262psを発揮。フルエレクトリック「CX40リチャージ」では、シングルモーターで最高出力231psを発揮、デュアルモーター版では最高出力408psを発揮する。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top