i4風コックピット採用...BMW M3初のツーリング、高性能「コンペティション」のみ発売か! | Spyder7(スパイダーセブン)

i4風コックピット採用...BMW M3初のツーリング、高性能「コンペティション」のみ発売か!

自動車 新車スクープ
BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)

モデル初のワゴンとして注目のBMW『M3ツーリング』。今回スクープサイト「Spyder7」が、最新プロトタイプ車両を激写。その先進的なインテリアをカメラに収めることに成功した。

BMWは2000年、「M3ツーリングワゴン」を社内向けの研究開発を目的に試作車として制作したが、市販には至らず。M3ツーリングの市販化は、1985年から販売されているM3史上初となり、その誕生を世界が期待している。

大雪のフィンランドで捉えたプロトタイプは、まだまだカモフラージュが厳重だ。それでも、巨大キドニーグリルやセダンと同様のLEDデイタイムランニングライト、アグレッシブなバンパーなどが確認できる。側面からはルーフレール、足回りには真っ赤なブレーキキャリパー、スポーティな黒のV字スポークを備える大径ホイールが見てとれる。

後部では、ディフューザーの両サイドに円形クワッドエキゾーストパイプをインストールし、L字型テールライトやスプリットタイプのルーフスポイラーが装備されていることがわかる。

そして注目のインテリアだ。車内には多数のテスト機器が搭載されているが、フルエレクトリックモデル『i4』と同じデジタルインストルメントクラスターとインフォテインメントスクリーンのセットアップを備えていることがわかる。M3セダンやM4クーペでは、独立したインフォテインメントディスプレイが並んだ伝統的デジタルインストルメントクラスターがあるが、M3ツーリングをはじめ、今後のミッドライフモデルチェンジ(大幅改良)では、BMWの最新インフォテインメントシステムを備えたi4のモダンなキャビンレイアウトに移行していくとみられる。

また新たな発見として、「M3コンペティション」のバッジを確認。ツーリングでは、より高性能な「コンペティション」のみ発売されるという以前の噂と一致している。パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンを搭載。M3セダンでは最高出力は480ps、最大トルク550Nmを発揮するが、コンペティションでは最高出力510ps、最大トルク650Nmを発揮、8速オートマチックトランスミッションを介して4輪すべてに動力を供給する。

M3ツーリングのワールドプレミアは、2022年内と予想されている。

BMW M3 初のワゴン『M3ツーリング』は高性能「コンペティション」のみ!? 車内は「i4」風

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top