新給気口デザインがむき出し!BMW X5改良新型、電動モデルを強化へ | Spyder7(スパイダーセブン)

新給気口デザインがむき出し!BMW X5改良新型、電動モデルを強化へ

自動車 新車スクープ
BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 改良新型プロトタイプ スクープ写真

BMWのミッドサイズ・クロスオーバーSAV(Sports Activity Vehicle)、『X5』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

フィンランド・ラップランドで撮影された開発車両は、前後デザインがかなり露出、フロントエンドではスリムなヘッドライト(中はダミー)、「7シリーズ」改良新型に似た角度のあるセンターエアインテークが確認できる。またその両サイドにはJ字型エアカーテンが配置、かなりしっかりしたサイズで、効力を減らすことで燃料消費量の削減に大きな影響を与えるだろう。そのほかでは、キドニーグリルは巨大化されていない様子が見てとれるほか、ドライバー側フェンダー上部に充電ポートを装備しており、プラグインハイブリッドモデルであることがわかる。

後部には開発中の新LEDテールライトを装備、バンパー、デュアルエキゾーストパイプも刷新される。

キャビン内では、iXに触発された新設計のデュアルスクリーンセットアップに対応すべくダッシュボードが新設計される。「iDrive 8」の搭載は間違いなく、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテイメントディスプレイが並んで配置されるほか、流行しつつあるミニマリストのギアシフターを装備する。

パワートレインは電動化を強化、3.0リットル直列6気筒ガソリン/ディーゼルは48Vマイルドハイブリッドと組み合わされるほか、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドなどがラインアップされる。また上位モデルには、最高出力540psを発揮する4.4リットルV型8気筒エンジン搭載のMパフォーマンスも設定が濃厚だろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top