レクサス次世代EVスポーツカー、最新ショット7点をリリース! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス次世代EVスポーツカー、最新ショット7点をリリース!

自動車 ニューモデル
レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ
  • レクサス エレクトリファイド・スポーツ

レクサスは2月10日、新型EVスポーツカー『Lexus Electrified Sport』(レクサス エレクトリファイド・スポーツ)の最新画像を公式リークした。

新型スポーツは、ロングノーズ、ショートデッキ、低い車高、流れるように美しいルーフラインが特徴で、LFAの走りを継承するモデルと期待されている。エクステリアデザインもLFAと類似点がみられるが、マクラーレンを彷彿させる部分もみられる。また側面ではスープラに似た長く低いボディが印象的だ。

ルーフから繋がる後部セクションにはリアウィンドウがなく、おそらくドライバーはカメラを使用して背後の様子を確認するのだろう。またEVのため余分なエキゾーストシステムは排除され、大胆なLEDテールライトを装備している。

興味深いことに、レクサスはこの車を「コンセプト」とは呼んでおらず、今後その理由の判明するかも知れない。パワートレインの詳細は明かされていないが、0-100km/h加速は2秒台前半、航続は700km以上と発表されており、駆動方式は全輪駆動と予想、スポーツカーではなく、ハイパーカーの領域に入ってくる可能性もあるだろう。

レクサスはこの新型スポーツを、「象徴的なLFAの精神を復活させ、ブランドの未来を象徴している」と語っている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top