車内も丸見え!メルセデスベンツCクラス ワゴン、最強AMG『C63』にハイパーカーの技術投入 | Spyder7(スパイダーセブン)

車内も丸見え!メルセデスベンツCクラス ワゴン、最強AMG『C63』にハイパーカーの技術投入

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツの主力ワゴン、『Cクラス ステーションワゴン』に設定される最強モデル、AMG『C63ステーションワゴン』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えると同時に、その車内も初めて撮影に成功した。

凍てつくフィンランド北部で撮影された開発車両は、かなりカモフラージュが削ぎ落とされており、ブーメラン型LEDデイタイムランニングライト、ヘッドライトのアウトラインが確認できるほか、後部では、クワッドエキゾーストパイプがインストールされていることも見てとれる。またパナメリカーナグリルが、フラッグシップCクラスであることを示している。おそらく内部には、剛性の高いサスペンションセットアップを装備しているはずだ。

同社では2021年3月に、CクラスのAMGモデルに新たなハイブリッドパワートレインを採用することを発表したが、このプロトタイプのフロントガラス上部と、センターコンソール上部に貼られた黄色い「ハイブリッド」ステッカーがそれを物語っている。

キャビン内では、フルデジタルインストルメントクラスター、縦型の大型インフォテインメントディスプレイのほか、赤いキルスイッチ、計測用ディスプレイ、ラップトップホルダーなど典型的プロトタイプの様子が伺える。

注目のパワートレインでは、4.0リットルV型8気筒ツインターボを廃止、AMG『A45S』に搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボ「M130」エンジンが新たに採用される見込みだ。ただし、最小AMGに搭載されているものと同じユニットではなく、燃焼エンジンのみの最高出力を442psへ増加させるよう設定、電動ターボチャージャーを備える。さらにエンジンは横置きではなく縦置きに配置し、ハイパーカーAMG「One」から「eパフォーマンス」技術が投入される。

後輪を駆動する電気モーターがその潜在能力を開放するとき、システム合計の最高出力は500psを超え600psとも噂されている。

メルセデスAMG「C63セダン/ステーションワゴン」新型のデビューは、2022年終わり、または2023年初頭に期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top