【動画】ドライバーに怒られる!? アウディA4アバント次期型プロトタイプに接近してみた | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】ドライバーに怒られる!? アウディA4アバント次期型プロトタイプに接近してみた

自動車 新車スクープ
アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スクープ写真

アウディ現在、欧州Dセグメント『A4』次期型を開発中だが、その派生ワゴン『A4アバント』次期型プロトタイプをビデオが捉えた。

アイスバーンをゆっくりと加速するプロトタイプは、下り坂、上り坂でも車体がブレることなる安定した走行が見てとれる。開発初期段階のためカモフラージュは厳重だが、近年の流行であるグリル拡大はされず、むしろコンパクトに新設計されている様子が伺える。

後部では、テールゲートのカモフラージュにある小さな長方形の切り抜きはリバースライトが配置されている場所を示し、LEDテールライトはプレースホルダー(ダミー)ながら、実際の幅を確認することができる。また両サイドのライトの間には、LEDライトバー、あるいはトリムピースが隠されているはずだ。

次期型では、「MLB」プラットフォームの進化バージョンを採用。ボディは現行型より拡大され、「A6アバント」の領域に入る可能性もあるが、大型モデルやSUVのブームを考慮すれば驚くことではないだろう。プロトタイプのフロントエンドでは、バンパー両サイドにスリムなエアカーテンを配置、フォグランプはメインクラスターに統合されている可能性がありそうだ。滑らかなヘッドライトは生産型で、現行型とは異なるLEDグラフィックスの一部が確認できる。

パワートレインは、マイルドハイブリットとプラグインハイブリッドのバリエーションを備え、前輪駆動と全輪駆動クワトロの両方のレイアウトで提供される。内燃機関に関しては、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーTFSIの第5世代バージョン、及び2.0TDIディーゼルが設定されるだろう。また、頂点に君臨する『RS4』はプラグインハイブリッド化される。

A4セダン次期型はまだ発見されていないが、おそらくアバントより先、2023年内と予想される。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/VofwDF6xCC8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top