これが新Mパフォーマンスウィングだ...BMW『M340i』改良新型、プロトタイプを初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

これが新Mパフォーマンスウィングだ...BMW『M340i』改良新型、プロトタイプを初スクープ!

自動車 新車スクープ
BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M340i 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、主力モデル『3シリーズ』改良新型に着手しているが、その高性能モデルとなる『M340i』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。第7世代となる現行型(G20)は2019年に登場、初の大幅改良が執行される。

捉えたプロトタイプは、ピュア「M」モデルの下に位置する「Mパフォーマンス」のM340iだ。フロンエンドには、専用のキドニーグリル、エアカーテン、メッシュエアインテーク、スプリットタイプのリップスポイラーが装着されている。また3シリーズの新型にならい、ヘッドライトがスリムに新設計されている様子もうかがえる。

足回りには19インチと思われる新デザインのホイールを装着。後部ではトランクリッドにMパフォーマンスリアウィングを装備、ディフューザーやデュアルエキゾーストパイプもアップデート中のようだ。そのほか、ルーフのシャークフィンアンテナや、ホイールセンターのロゴ、フロントフェンダーのロゴなどもカモフラージュが施されている。

今回インテリアを見ることはなかったが、ダッシュボードが新設計される。12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、最新のiDrive8インフォテインメント用の14.9インチのタッチスクリーンで構成されるBMWカーブドディスプレイが搭載される。

3シリーズの改良新型およびM340iのデビューは最速で2022年内と予想される。『M3ツーリング』など3シリーズをベースとしたMファミリーも拡張される予定だ。

BMW 3シリーズ 現行初の大幅改良へ、高性能モデル「M340i」は何が変わる?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top