3月8日デビュー...マツダ電動SUV『CX-60』市販型をスクープ!ブランド第3のRWDモデルに | Spyder7(スパイダーセブン)

3月8日デビュー...マツダ電動SUV『CX-60』市販型をスクープ!ブランド第3のRWDモデルに

自動車 新車スクープ
マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マツダ CX-60 プロトタイプ(スクープ写真)

マツダが開発中の新型クロスオーバーSUV、『CX-60』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

マツダは昨年、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の計画を発表した。すでに北米でデビューした『CX-50』をはじめ、ラージ商品群では、2列シートの『CX-60』、『CX-70』、3列シートの『CX-80』、『CX-90』などが導入予定となっている。このうち、北米市場には「50」、「70」、「90」を投入、欧州市場には「60」と「80」、そして日本市場にも「60」と「80」を展開予定となっている。

現在マツダには、2ドアオープン『ロードスター』と、ピックアップトラック『BT-50』の2台のRWD(後輪駆動)モデルが存在するが、CX-60はブランド第3の後輪駆動モデルになるとともに、縦置きエンジンレイアウトの「ラージ商品群」最初のモデルとなる。

捉えたプロトタイプは、全体的にラッピングがほどこされているものの、露出度は比較的高い。フロントエンドにはターンシグナルとしても機能するスリムなLEDデイタイムランニングライト、コンパクトなヘッドライト、メッシュグリル、三角のエアインテークが確認できる。

サイドビューからは、、筋肉質のホイールアーチ、キックアップするベルトラインやリアクォーターウィンドウが見てとれる。また後部では緩やかに傾斜したリアウィング、スリムなテールライト、コンパクトなルーフスポイラーが装備されている。バンパーにはクワッドエキゾーストパイプが確認できるが、向かって左側のコンポーネントはダミーの可能性が高く、本物は右側とみている。

パワートレインは、2.5リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」、48Vマイルドハイブリッドを備える3.3リットル直列6気筒ディーゼル「SKYACTIV-D」と3.0リットル直列6気筒「SKYACTIV-X」がラインアップされるほか、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドを設定、最高出力は300ps以上を発揮する。

今回のプロトタイプには充電ポートが見当たらないことからガソリンモデルの可能性がある。PHEVの場合、撮影されていない左フェンダーあたりに充電ポートが配置されている可能性がある。

CX-60の公式デビューは3月8日、いよいよその全貌が明かされる。

3月8日デビュー直前、マツダの後輪駆動SUV『CX-60』をスクープ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top