ポルシェ マカン 初の「T」を発表!265馬力ターボ搭載の軽量仕様 | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ マカン 初の「T」を発表!265馬力ターボ搭載の軽量仕様

自動車 ニューモデル
ポルシェ・マカン T
  • ポルシェ・マカン T
  • ポルシェ・マカン T
  • ポルシェ・マカン T

ポルシェは2月17日、SUV『マカン』の新モデル、「マカンT」(Porsche Macan T)を欧州で発表した。「T」は「ツーリング」を意味し、1960年代から続くポルシェの伝統グレードが、マカンに初設定されている。

マカンTには、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は265ps、最大トルクは40.8kgmを引き出す。トランスミッションは7速デュアルクラッチ「PDK」で、「ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム(PTM)」採用のAWDシステムを組み合わせた。「スポーツクロノパッケージ」の場合、0~100km/h加速6.2秒、最高速232km/hの性能を発揮する。

上位モデルの『マカンS』や『マカンGTS』の2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンと比較して、マカンTのパワートレインはフロントアクスルで58.8kg軽量化されている。また、マカンTは、「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)」を標準装備。車高を15mm下げたスチール製サスペンションを備えた唯一のポルシェ、としている。

ポルシェ マカン に初の「T」、265馬力ターボ搭載の軽量仕様…欧州発表<速報>

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top