メルセデス・クーペSUVの頂点、AMG『GLE63クーペ』改良新型を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス・クーペSUVの頂点、AMG『GLE63クーペ』改良新型を初スクープ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLE 63 クーペ 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

メルセデスが現在開発を進めるクロスオーバーSUV『GLE』最強モデル、AMG『GLE 63』に設置される派生モデル『GLE 63クーペ』をカメラが初めて捉えた。

現行型のGLE(W167/C167型)は2019年にデビュー、これが初の大幅改良となる。

1月にはベースとなるGLE 63をキャッチしており、それに続くプロトタイプだが、同じようにヘッドライトとテールライト周辺のみガードされている様子が伺える。現行型と比較して、わずかにコーナーエアインテークを変更、バンパー中央の給気口はメッシュパターンに新設計されている。フロントエンドでのメインアップデートはヘッドライトで、内部LEDデイタイムランニングライトやその形状も変更される可能性があるかもしれない。

後部ではテールライトのグラフィックを刷新、下に位置する「GLE 53」が円形エキゾーストパイプなのに対し、63ではスクェアタイプになっている。

キャビン内では、スポーク形状が新設計されたフラットボトムステアリングホイールを装着、「CLS 53」や「EQS 53」と同じスタイルに変更される。またセンターコンソールのボタンの変更や、インフォテイメントシステムと運転支援システムのアップデートもおこなわれるはずだ。

現行型パワートレインは、おなじみの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンで、最高出力571ps、最大トルク750Nmを発揮、高性能モデルの「63S」では最高出力612ps、最大トルク850Nmとなっている。今回の改良でさらなるパワーアップがなされるかは不明だ。

GLE 63のデビューは、2022年内と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top