これがレンジローバースポーツ次期型だ!前後デザインを大胆プレビュー | Spyder7(スパイダーセブン)

これがレンジローバースポーツ次期型だ!前後デザインを大胆プレビュー

自動車 新車スクープ
レンジローバースポーツ 次期型 予想CG
  • レンジローバースポーツ 次期型 予想CG
  • レンジローバースポーツ 次期型 予想CG
  • レンジローバースポーツ 次期型 予想CG
  • レンジローバースポーツ 次期型 プロトタイプ
  • レンジローバースポーツ 次期型 プロトタイプ
  • レンジローバースポーツ 次期型 プロトタイプ
  • レンジローバースポーツ 次期型 プロトタイプ
  • レンジローバースポーツ 次期型 プロトタイプ

SUV王者ランドローバーの派生モデルとなる、『レンジローバースポーツ』次期型を大予想した。

初代レンジローバースポーツは、ポルシェ『カイエン』のライバルとして2005年に発売。2013年に現行型となる第2世代へ移行しており、9年振りのフルモデルチェンジに向けて開発が進められている。

これまでSpyder7が捉えてきたプロトタイプをもとに、予想CGを制作してくれたのは、ロシアのカーメディア「KOLESA.RU」だ。現行型と比較していくと、ヘッドライトはかなりスリムになり、内部LEDデイタイムランニングライトは、L字に切れ上がっている。バンパー給気口は、3分割から車幅にまたがり一体化され、コーナーエアインテークにはLEDバーが備えられている。

側面では、フェンダーアウトレットを新設計、緩やかなルーフライン、そして「ヴェラール」と同様のポップアップドアが採用されている。後部では、スリムなテールライト、それを結ぶストリップを配置、ナンバープレートはテールゲートからバンパーへ移動されていることが見てとれる。

市販型では、アップデートされた「MLA-Flex」を採用、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンはマイルドハイブリッドを伴い、最高出力530ps、最大トルク749Nmを発揮するBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンはプラグインハイブリッドが予想されるほか、頂点には最高出力625psを発揮する「SVR」も期待できるだろう。

レンジローバースポーツ次期型のワールドプレミアは不明だが、最近のカモフラージュの状態からも、2022年と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top