ホンダCR-V次期型、特許画像が流出!日本市場には後継モデル投入か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダCR-V次期型、特許画像が流出!日本市場には後継モデル投入か!?

自動車 新車スクープ
ホンダ CR-V 次期型 特許画像
  • ホンダ CR-V 次期型 特許画像
  • ホンダ CR-V 次期型 特許画像
  • ホンダ CR-V 現行モデル
  • ホンダ CR-V 現行モデル
  • ホンダ CR-V 現行モデル

ホンダのクロスオーバーSUV、『CR-V』次期型と思われる特許画像が流出、スウェーデンエージェントから入手した。

初代CR-Vは1995年に誕生、2016年後期モデルからは海外専用モデルとなった。2018年、第5世代にフルモデルチェンジするタイミングで、2年ぶりに日本市場に復活したが、2022年には「インサイト」などとともに生産終了となることが報道されている。

ただし海外市場ではフルモデルチェンジを執行、6代目へ世代交代してモデルは存続する。入手した特許画像からは、非常にスリム化されたヘッドライト、クロムストリップを備える新設計されたハニカムメッシュグリル、L字型コーナーエアインテークを確認、側面では刷新されたキャラクターライン、Dピラーに沿ったLEDテールライトなどを確認。またボンネットは現行型より長くなっているようにも見える。

車内には新しいデジタルインストルメントクラスターとかなり大型化されるインフォテインメントタッチスクリーンを搭載、新世代のより広いフットプリントは、実用性に焦点をあわせたキャビンスペースをもたらし、3列7人乗りシートレイアウトがオプション設定されるだろう。

パワートレインは、15リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒エンジン+電気モーターの「e:HEV」ハイブリッドがラインアップされる予定だ。

CR-V次期型は2022年内、あるいは2023年初頭にデビューが期待されている。残念ながら日本市場は再び撤退する方向だが、すでに後継モデルを開発中と思われ、そのデザイン詳細は、Spyder7にて近々に公開予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top