スーパーMINI「JCW」改良新型、内外フルチェン級の大刷新へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

スーパーMINI「JCW」改良新型、内外フルチェン級の大刷新へ!

自動車 新車スクープ
MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI JCW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

MINIハッチバックのハイパフォーマンスモデル「ジョンクーパーワークス(JCW)」改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

第3世代となる現行型MINI(F56型)は2013年にデビュー、2022年モデルで軽度のリフレッシュを受けたが、今回はF56のプラットフォームを大幅にアップデート、フルモデルチェンジ級の大掛かりなテコ入れが内外に執行されそうだ。

ドイツ・ミュンヘン市街地で捉えたプロトタイプは、フロントオーバーハングが少し短くみえるが、カモフラージュのせいかもしれない。フロントエンドでは、バンパー、エアインテーク、グリルなどすべて新設計される。ヘッドライトは内部にダミーコンポーネントを装備しているが、今後着手され、市販型ではEVモデルを反映している可能性が高い。

側面では、インジケーターが統合された新しい形状のサイドミラーを装着し、後部ではテールライトのグラフィックスをリフレッシュ。下部ヒッチの下には現行型と異なるセンター出しシングルエキゾーストパイプが確認できるが、市販型ではデュアルエキゾーストパイプに変更されるはずだ。

キャビン内も大幅に変更される。中央には大型のタッチスクリーンを配置、伝統の丸みを帯びた形状が予想されるほか、オートマチックトランスミッションモデルでは、シフトノブが丸いディスプレイの右下に移動すると見られる。タッチスクリーンを介して制御されるほとんどの機能ボタンは非常に少なくなるだろう。

MINIハッチバックJCW 改良新型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。

スーパーMINI「JCW」さらなる大幅改良へ!内外装はフルモデルチェンジ並み?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top