メルセデスSL史上最強モデルが来る...新設定PHEVは最大800馬力に到達か! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスSL史上最強モデルが来る...新設定PHEVは最大800馬力に到達か!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG SL PHEV市販型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスAMGは2021年10月、2ドアクーペ『SL』新型を発表したが、その頂点に君臨するプラグインハイブリッドモデル開発車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

フィンランド山中でキャッチしたプロトタイプは、ほぼフルヌード状態だ。そのフロントエンドにはパナメリカーナグリルが装備されているほか3枚のフィンを備えるコーナーエアインテーク、シャープなLEDデイタイムランニングライトなどが見てとれる。

また側面からは、ポップアップドアハンドル、ファブリックルーフ、後部にはアクティブリアスポイラーを装着するなど「SL 55」や「SL 63」と同様のデザインが確認できる。

内部には、12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、及び11.9インチのインフォテインメントディスプレイを装備、12度から32度の間で傾斜可能だ。また他のメルセデスコンバーチブルと同様にフロントシートには乗客の首に温かい空気を送るエアスカーフ機能も搭載、唯一の違いはリアバンパー右上部に配置された充電ポートだろう。

現行ラインアップは、最高出力476psを発揮する「SL 55」と、最高出力585psを発揮する「SL 63」が設定されているが、噂によると、PHEVバージョンでは4ドアのAMG「GT 63Eパフォーマンス」からハイブリッドパワートレインを流用するという。この場合、後車軸の電気モーターに接続された4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、AMG GTでは最高出力842ps、最大トルク1,400Nmを発揮、0-100km/h加速はわずか2.9秒の動力パフォーマンスを発揮する。一部情報では、このパワートレインがSLプラグインハイブリッド用にデチューンされ、最大800psと予想されている。

SLプラグインハイブリッドは2022年内の発表が期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top