メルセデスベンツ最高級Gクラス『4x4スクエアード』後継モデル、ほぼ全身が明らかに! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ最高級Gクラス『4x4スクエアード』後継モデル、ほぼ全身が明らかに!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG G500/G550 4×4スクエアード 後継モデル(スクープ写真)

究極のオフロード性能を持つ『Gクラス』、AMG『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルの開発が進められている。その最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

G500/G550 4×4スクエアードは、2016年に『Gクラス』のフラッグシップとして登場。6輪駆動車『G63 AMG 6×6』の足回りなどを継承しながら4輪化、巨大な22インチホイールを装着し、地上高はベース車より224mm高い460mmという圧巻のボディが大きな特徴だ。さらにトラックを11.7インチワイドにすることにより安定性を向上させた。

厳冬のスカンジナビアでキャッチした後継モデルのプロトタイプは、フェンダーのカモフラージュが剥がされ、ルーフラック上部、グリルと後部スペアタイヤの偽装のみとなっている。グリル部分には3本の水平バーを装備。ヘッドライト周辺はボディカラーと同色ではなく、ブラック仕上げが予想される。

またフロントガラス上部のカバーの下には、LEDライトバーが隠されていると思われる。フロントバンパーの下にはスキッドプレートが装備される。さらに通常のGクラスと比較してフェンダーのフレアは広く、リフトアップされているように見えるのも特徴だ。足回りでは、フロントにアルミニウム製ウィッシュボーンとオフローダー用の巨大ブレーキ&レッドキャリパーが確認できる。

パワートレインはAMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想され、最高出力は前世代の416psをはるかに超える585ps、最大トルク849Nmが予想される。

AMGブランドから発売される予定の後継モデルは価格の上昇も予想されている。第1世代の3510万円(日本での販売価格)を大きく超え、4000万円クラスになるとも伝えられており、「Gクラス」最高峰のモデルとして君臨するだろう。

AMG『G500/G550 4×4スクエアード』後継モデルのワールドプレミアは、2022年内と予想される。

究極のGクラス「4×4スクエアード」後継モデル、ほぼ全身が明らかに

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top