「センスいいね」と言われそうな高性能ワゴン...メルセデスAMG『C43』新型プロトタイプ、ここまで見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

「センスいいね」と言われそうな高性能ワゴン...メルセデスAMG『C43』新型プロトタイプ、ここまで見えた!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG C43 ステーションワゴン 新型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは現在、主力『Cクラス』新型に設定される高性能AMGバージョンを開発中だが、ベーシックな『C43ステーションワゴン』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

これまでセダンは度々キャッチしてきたが、ステーションワゴンは約1年ぶりの捕獲だ。以前はボディ全体をフルカモフラージュしていたプロトタイプも、フロント&リアエンド、そしてサイドスカートのみの偽装を残すだけとなっている。

フロントには存在感のあるパナメリカーナグリルを配置するが、適度にスポーティな専用デザインのバンパー、ちょっと厚めのサイドスカートを装備。全車軸にはクロスドリルブレーキローター、後部では円形クワッドエキゾーストパイプ、ディフューザーなどを装着、過激になりすぎず、さり気なくAMGをアピールする存在は、「センスいいね」と言われそうな自慢の一台となりそうだ。

パワートレインは、2.0リットルターボチャージャー付き直列4気筒エンジンを搭載、9速オートマチック、全輪駆動システムと組み合わされる。また強力なパワーを得るために電気モーターを搭載、マイルドハイブリッド技術を採用することにより、最高出力は現行型C43の385psを超え、過去最高の416ps以上を発揮すると予想される。

AMG C43ステーションワゴン新型のワールドプレミアは、2022年内が有力だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top