日本発売間近...日産フェアレディZ新型、早くもオープンモデル設定の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本発売間近...日産フェアレディZ新型、早くもオープンモデル設定の噂!

自動車 新車スクープ
日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG
  • 日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG
  • 日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG
  • 日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG
  • 日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG
  • 日産 フェアレディZ コンバーチブル 予想CG

日産は世界に誇るスポーツカー『フェアレディZ』新型を6月にも日本市場に導入予定だが、早くもオープンモデルの噂がたっており、その予想CGを入手した。

フェアレディZ新型は、2021年8月海外仕様をワールドプレミアし、日本仕様を2022年1月の東京オートサロンで初公開、6月には日本発売が予定されている。

同モデルでは、5代目「Z33」、及び6代目「Z34」ともクーペとコンバーチブル仕様を設定、Z34とプラットフォーム共有していることを考慮すれば日産は問題なくハードトップを切り落とす準備ができているはずだ。

「SugarDesign」に協力を得た予想CGは、公開されたばかりの日本仕様と同じフロントマスクを装備。単にハードトップを取り外すだけでなく、専用の新設計デッキリッドを制作、運転席と助手席の後ろには目だったロールフープを備えている。

コンバーチブルバージョンが発売される場合、市販型では格納式のハードトップではなく、370Zコンバーチブルと同様に折りたたみ式のソフトトップを採用するとみられる。

パワートレインは、最高出力400ps、最大トルク475Nmを発揮する3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンがクーペから流用、NISMO仕様では最高出力500psを発揮、6速MTまたは9速ATと組み合わされるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top