トヨタ クラウン次期型が見えてきた...派生SUV、車高低めのクロスオーバースタイルか! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ クラウン次期型が見えてきた...派生SUV、車高低めのクロスオーバースタイルか!

自動車 新車スクープ
トヨタ クラウン クロスオーバー(仮)予想CG
  • トヨタ クラウン クロスオーバー(仮)予想CG
  • トヨタ クラウン クロスオーバー(仮)予想CG
  • トヨタ クラウン セダン次期型 予想CG
  • トヨタ クラウン 現行モデル
  • 中国で販売されている「クラウン」ブランドのSUV、トヨタ クラウンクルーガー
  • トヨタ クラウン 現行モデル
  • トヨタ クラウン 現行モデル
  • トヨタ クラウン 現行モデル

かねてより「歴代初のSUVになる」と噂されるトヨタ『クラウン』だが、その姿がおぼろげながら見えてきた。スクープサイト「Spyder7」が入手した最新情報をもとに、次期型クラウンの実態に迫る。

現行クラウン(S22#型)は2018年にデビュー。これまでの50代以上の顧客層から40代以下の世代をターゲットに、コンセプトを大きく転換。ニュルブルクリンクで鍛えたスポーティな走りとクーペライクなスタイルを採用したことで話題となった。次世代モデルはこの路線をさらに突き詰め、攻めたモデルとなりそうだ。

そして「クラウンSUV」の実態だが、セダンタイプの派生モデルとして、背の高いSUVスタイルではなく、ワゴンに近いクロスオーバースタイルとして登場するという。そして現行モデル同様、後輪駆動TNGAプラットフォームを採用しながら、全モデルが4WDになる可能性もあるというから驚きだ。

パワートレインはセダン同様、2.5リットル直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドをアップデートし搭載。一方で、3.5リットルV型6気筒のハイブリッドは消滅する方向で調整されているようだ。

そして気になるのはそのスタイリングだ。情報をもとにSpyder7が作成したCGでは、メルセデスベンツの「オールテレーン」や、アウディ「オールロード」のようなワゴン型クロスオーバーにサルーン要素を取り入れた。前後フェンダーのウレタンスカートやアンダーガードなどにSUVらしさを表現。特徴的なライトデザインは、トヨタのEVラインナップモデルの流れをくむコの字型デザインとした。

キャビン内では、大型インフォテイメントタッチスクリーン、フルデジタルインストルメントクラスターを搭載。ウッドトリムとカーボンファイバートリムで高級かつスポーティなインテリアが期待できそうだ。

クラウンセダン、および派生クロスオーバーは早ければ2023年初頭にもワールドプレミアされる可能性がありそうだ。

「クラウンSUV」はワゴン型のクロスオーバーになる!? セダンと別モデルに、次期型予想

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top