豪雪にBMW iXと出現...ロールスロイス初エレクトリック『スペクター』最新プロトタイプの画像! | Spyder7(スパイダーセブン)

豪雪にBMW iXと出現...ロールスロイス初エレクトリック『スペクター』最新プロトタイプの画像!

自動車 新車スクープ
ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ スクープ写真

ロールスロイスが現在開発している同ブランド初のフルエレクトリック2ドアクーペ、『スペクター』市販型の最新プロトタイプが出現した。

捉えてたのは厳冬のスカンジナビア山中だ。親会社であるBMWのエレクトリックSUV「iX」とともに現れたプロトタイプは、これまで同様にボディ全体に厳重なカモフラージュがほどこされている。

現段階でわかるのは、リアバンパーに「Electric Test vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られていること、従来のロールスロイスグリルを装備し、ヘッドライトはBMW「7シリーズ」や「X7」と共有する上下二段のスプリットデザインが採用されていることだろう。

市販型では、BMWのアーキテクチャに基づく「レイス」とは異なり、ゴーストとファントムと共有されている「Architecture of Luxury」アルミニウムスペースフレームを採用。このプラットフォームは、「異なる内燃エンジンモデルだけでなく、まったく異なるパワートレインを備えたモデルの基盤を形成するために作成された」ものだ。

EVスペックは、今後登場が予定されるBMW「i7」と同レベルの、航続435マイル(700km)を可能にする120kWhのバッテリーパックを積み、最新情報によるとその最高出力は750psを発揮すると噂されている。

スペクターのワールドプレミアは、2023年後半と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top