特許画像とプロトタイプから完全予想...これがホンダ『CR-V』次期型だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

特許画像とプロトタイプから完全予想...これがホンダ『CR-V』次期型だ!

自動車 新車スクープ
ホンダ CR-V次期型 予想CG
  • ホンダ CR-V次期型 予想CG
  • ホンダ CR-V次期型 予想CG
  • ホンダ CR-V次期型 予想CG
  • ホンダ CR-V次期型 特許画像

ホンダは現在、クロスオーバーSUV『CR-V』次期型を開発中だが、その予想CGをロシアのカーメディア「KOLES.RU」から入手した。

先日はCR-V次期型とみられる特許画像を入手、それ以前に目撃されているプロトタイプを元に制作されており、完成度はかなり高いとにみられる。

初代CR-Vは1995年に誕生、2016年後期モデルからは海外専用モデルとなった。2018年、第5世代にフルモデルチェンジするタイミングで、2年ぶりに日本市場に復活したが、2022年には「インサイト」などとともに生産終了となることが報道されている。ただし海外市場ではフルモデルチェンジを執行、6代目へ世代交代してモデルは存続する。それがこの新型モデルだ。

入手した予想CGのフロントエンドには、よりスリムになったヘッドライト、巨大でアグレッシブな巨大ハニカムグリルを装備、現行型よりエレガントなデザインが見てとれる。後部では、ピラーに沿って上部へ伸びるL字型デザインはそのままに、グラフィック、アウトラインなど細部が新設計されている。

市販型では、コンパクトSUV「HR-V」のサイズが大幅に拡大されたことにより、CR-V新型ではボディサイズが大きくなることが予想される。日本市場は撤退するCR-Vだが、米国では重要なモデルで2021年にはベストセラー車に、トラック、SUV部門で5位にランクインしており、この新型にも大きな注目が集まっている。

ワールドプレミアは2022年内、あるいは2023年初頭にデビューが期待されている。日本市場では、すでに後継モデルを開発中と思われ、近日中にSpyder7で公開予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top