ジープが2台のコンセプトを予告...伝統のビッグイベント「イースター・ジープ・サファリ」で初公開へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジープが2台のコンセプトを予告...伝統のビッグイベント「イースター・ジープ・サファリ」で初公開へ!

自動車 新車スクープ
ジープ コンセプトカー ティザーイメージ
  • ジープ コンセプトカー ティザーイメージ
  • ジープ コンセプトカー ティザーイメージ
  • ジープスタビーチ
  • ジープ グラディエーター ルビコン
  • ジープ ラングラー マグネト
  • ジープ ラングラー オレンジ ピールズ

ジープは新たに2台のコンセプトモデルのティザーイメージを初公開した。

今年2年振り56回目を数える「イースター・ジープ・サファリ」は、米国ユタ州グランド郡のモアブ国立公園で開催される伝統のビッグイベントだ。

同イベントのプレスリリースによると、ジープとJPP(ジープ・パフォーマンス・パーツ)は、「より大きく、より良く、より環境に優しく、より早く、高性能なコンセプトカー」であり、「4輪車を次のレベルに引き上げる」と伝えている。

公開予定の1台は「「モアブのバックカントリートレイルに沿った、最も騒がしい地形さえも征服し、ゼロエミッションフリーダムを達成するというジープブランドのビジョンをさらに強調する」4xe電動SUVになることを明らかににしている。画像からは、フェンダーガードと青いハイライトを備えたグランドチェロキーLと思われる。

もう一台は、QRコードのように表された「ジープ グラディエーター」であることが濃厚だ。デザインの詳細は不明だが、フロントガラスとルーフの上にバイザーをつけることを示唆しているようだ。

昨年ジープは、ラングラーをEV化した「Magneto」、「ラングラー オレンジ ピールズ」(オレンジ色のペイント、コーニングゴリラガラス、ハーフドアなど装備)、「グラディエーター ルビコン レッドベア」(91:1のクロール比、ダナ44アクスルを装備)、「ジープ スター・ビーチ」(1960年代に登場したジープの新シリーズに敬意を示したコンセプトカー)を発表。コロナのパンデミックにより、今年2年ぶりとなる「イースター・ジープ・サファリ」だが、どんな盛り上がりを見せるが楽しみだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top