顔つき変わった...BMW 1シリーズ改良新型、カーブディスプレイで車内高級化へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

顔つき変わった...BMW 1シリーズ改良新型、カーブディスプレイで車内高級化へ!

自動車 新車スクープ
BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWのエントリーハッチバック、『1シリーズ』改良新型の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代1シリーズは2004年に登場、第3世代となる現行「F40型」は2019年から販売されており、4年目にしてこれが初の大幅改良となる。

フルモデルチェンジ級のカモフラージュで出現したプロトタイプ。その詳細は不明だが、丸みを帯びたヘッドライト、スリムになったように見えるキドニーグリル、その下には水平バーを備えるエアインテークなどフロントエンドに大きな変化が見られる。後部ではルーフスポイラーやバンパーが刷新されるほか、テールライトの内部グラフィックが新設計されると思われる。

キャビン内の画像はないが、「iDrive8」インフォテインメントシステムを備えるカーブディスプレイを搭載、高級化される可能性がありそうだ。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリン/ディーゼルエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンなどが現行型からキャリーオーバーされると予想されるが、『2シリーズ アクティブツアラー』でPHEVを提供していることを考慮すると、同システムを流用する初の電動化がされる可能性がある。

1シリーズ改良新型のワールドプレミアは、2023年内となるだろう。

顔つきが変わる…BMW 1シリーズ 現行初の改良はフルモデルチェンジ並み?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top