阪神甲子園球場の新型リリーフカーはBEVに!トヨタC+pod改造 | Spyder7(スパイダーセブン)

阪神甲子園球場の新型リリーフカーはBEVに!トヨタC+pod改造

自動車 スポーツ・エンタメ
トヨタC+pod阪神甲子園球場ホームチーム用リリーフカー
  • トヨタC+pod阪神甲子園球場ホームチーム用リリーフカー
  • トヨタC+pod阪神甲子園球場ビジターチーム用リリーフカー
  • トヨタC+pod阪神甲子園球場ホームチーム用リリーフカー
  • トヨタC+pod

プロ野球2022年シーズン、阪神タイガースのリリーフピッチャーは環境にやさしい?! 阪神電気鉄道が運営する阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)では、阪神タイガースの試合で使用するリリーフカーを、従来のガソリン車から環境にやさしいバッテリー式電気自動車=BEVに変更した。

リリーフカーは、試合途中で交代登板する投手を、外野スタンドの下の練習場からグラウンドのマウンド近くまで乗せて運ぶ小型の自動車。

甲子園の新型リリーフカーは、トヨタ自動車の超小型バッテリー式電気自動車の『C+pod』(シーポッド)をベースに改造された。ルーフを撤去し、身体の大きな投手でもゆったりと乗車できるよう助手席の位置を後方へ移動、さらに助手席シートをグローブがモチーフのデザインに変更した。また、ホームチーム用の車体は虎柄にラッピングされ、豊田合成による特製のイエローステアリングを装備する。ビジターチーム用の車体は白。

新型リリーフカーは3月4日の阪神タイガースVS東北楽天ゴールデンイーグルス戦(オープン戦)から使用を開始する。新型リリーフカーの導入は、阪神甲子園球場が昨年12月に宣言した「KOSHIEN“eco”Challenge」の一環だ。

甲子園球場の新型リリーフカーはBEV、トヨタC+pod改造

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top