メルセデスSLに直4エンジン復活...エントリーモデルAMG「SL 43」間もなく設定へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスSLに直4エンジン復活...エントリーモデルAMG「SL 43」間もなく設定へ!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL
  • メルセデス AMG SL

メルセデスAMGは2021年10月、2ドアオープンスポーツ『SL』新型を発表したが、新たにエントリーグレードとなるAMG「SL 43」が間もなく設定される可能性が高いことがわかった。

現在SL新型には直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する「55」と「63」のみが設定されており、最高主力は55が476ps、63が585psを発揮する。

エクステリアの相違は不明だが、円形のエキゾーストパイプを装着すると見れる。パワートレインは、「C3004Matic」にも搭載されている2.0リットル直列4気筒「M254」エンジンと思われ、、同モデルでは最高出力は255ps、最大トルク400Nmを発揮し、0-100km/hm加速6.0秒の動力パフォーマンスを誇る。

SLと言うと、直列6気筒、V型8気筒エンジンを思い浮かべる方が多いと思うが、1950年代1960年代「190SL」(W121)では直4を搭載しており、実現すれば62年ぶりの復活となる。

SL43に搭載されるこのM254エンジンは、Cクラスにインストールされているバージョンより、強力であると噂されており、最高出力は385psまだ高められると予想されている。これはC300の258psより約130psも向上していることになる。メルセデスベンツでは、AMG「A45S」が、最高出力416psを発揮する直列4気筒「M139」を搭載しており、ブランド最強の直4ではないが、かなりの高性能エンジンと言えそうだ。

AMG SL43のワールドプレミアは、早ければ3月中となるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top