Mパフォーマンス初のクワッドエキゾーストパイプ装備!BMW X1高性能『M35i』新型をスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

Mパフォーマンス初のクワッドエキゾーストパイプ装備!BMW X1高性能『M35i』新型をスクープ

自動車 新車スクープ
BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X1 M35i プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、最小クロスオーバーSUV『X1』次期型を開発中だが、その高性能モデル『X1 M35i』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

初代X1は2009年にSUVシリーズのエントリーモデルとして誕生、第2世代となる現行型は2015年に発売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

「M」シリーズには、スポーツ仕様の「Mスポーツ」。ハイスペックの「Mパフォーマンス」、そして最高レベルのピュア「M」が存在。X1にはこれまで「Mスポーツ」が設定されていたが、高性能「Mパフォーマンス」の設定は初めてとなる。

厳冬のフィンランド・ラップランドで捉えたプロトタイプは、多くのカモフラージュによりディティールは不明だが、注目は後部排気口だ。直列4気筒のコンパクトモデルながらクワッドエキゾーストパイプ(4本出しマフラー)を装備している。すでに前輪駆動ベースのアウディ『S3』やメルセデス『AMG A45』も、直4ながらクワッドエキゾーストパイプを持っているが、意外にもMパフォーマンスとしては初のエキゾーストシステムとなる。

X1 M35iは、「UKL/FAAR」プラットフォームの進化バージョンを採用。足回りには強化ブレーキや19インチ大型ホイール、スポーティなフロント&リアバンパー、サイドシルエクステンション、ボディ同色フェンダー、より際立つリアスポイラーなどアグレッシブなボディキットを装備する。

キャビン内では、「iDrvie8」を備えるカーブディスプレイ、サポート力が向上したシート、スポーツステアリングホイールなど、『2シリーズ アクティブツアラー』と共有するコックピットレイアウトが見られるだろう。

パワートレインは、「M135iハッチバック」、「M235iグランクーペ」、及び「X2 M35i」などにも搭載される2.0リットル直列4気筒ツインターボエンジンだ。その最高出力は306ps、最大トルク450Nmを発揮するが、X1 M35iでは、パワーとトルクを強化、最大355psを超えるとも噂されており、ライバルとなるメルセデスAMG「GLA35」と「GLA45」の中間に位置することになりそうだ。

X1 M35iは標準でxDrive AWDシステムを装備し、8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。

X1とMパフォーマンスは、2022年内にデビュー予定で、ドイツのレーゲンスブルク工場で生産が開始される。

Mパフォーマンス初の4本出しマフラーを確認!BMW X1 高性能『M35i』をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top