伝説のメルセデス300SLが現代に蘇る...AMG「GT R」の要素をブレンドした予想CGを公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

伝説のメルセデス300SLが現代に蘇る...AMG「GT R」の要素をブレンドした予想CGを公開!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG
  • メルセデスベンツ 300SL 現代版 予想CG

メルセデスベンツは2021年10月に2ドアオープンモデル『SL』新型を発表したが、初代となる『300SL』を現代版にアレンジした予想CGが公開された。

300SLはガルウィングドアと洗練されたデザインを特徴とし、車名の「300」からわかるように排気量3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載、ファンにとって特別な1台となっている。CGを制作したAbimelec Designのデザインは、300SLが現代のAMG「GT R」の要素を多く取り込んでいることがわかる。

CGでは、AMG GT Rのサテンメタリックグリーンで塗装、300Sのなめらかな形状を失うことなく、いくつかのAMGタッチを取得。フロントエンドは300SLと非常に似ているが、グリルの形状が異なるほか、フロントバンパーを改良、カーボンファイバー製チンスポイラーを装備している。またカーボンファイバー製のサイドスカートやフードガーニッシュを配置することにより、スポーティさが大幅にアップしている。

後部でも、カーボンファイバー製スポイラー&ディフューザーを装着、再配置されたバッジ、LEDテールゲート、クワッドエキゾーストパイプなどが確認できる。またトランクラッチ、グリルエンブレムなどAmerican Racing VN427ホイールを除いてすべてのクロームビットがブラックトリムに置き換えられているのも特徴的だ。

クラシックと最新デザインが見事に融合した現代版300SLの実車を見ることはできるのか、楽しみにしたい。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top