特許画像流出...ロータス初エレクトリックSUVはこんなに格好良かった! | Spyder7(スパイダーセブン)

特許画像流出...ロータス初エレクトリックSUVはこんなに格好良かった!

自動車 新車スクープ
ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像
  • ロータス タイプ132 エレクトリックSUV 特許画像

ロータスが開発中とみられる、ブランド初のエレクトリック・クロスオーバーSUV『タイプ132』の特許画像が流出、スウェーデンのエージェントを通して画像を入手した。

この画像はロータス・カーズにより、IPオーストラリア(オーストラリアにおいて、特許、商標、意匠などを所轄する行政機関)へ提出されたものであり、本物と言っていいだろう。

特許画像からは、アグレッシブで前傾的なフロントノーズ、鋭いブーメラン型ヘッドライト、下部給気口にはアクティブフラップを含む包括的なエアロパッケージを備えていることが見てとれる。

フロントガラスの上部、ルーフには目立つLiDARセンターを装着、側面ではフロントフェンダー上部に充電ポートを配置、従来のサイドミラーがカメラに置き換えられているほか、ポップアップドアハンドルも確認できる。

後部では、アウディ風全幅のLEDストリップライトを装備、ルーフには別のLiDARセンサー、その両脇には「フローティング」ツーピースルーフスポイラーが装着されている。また専用のEVプラットフォームに乗っているため、リアオーバーハングは大きく、同サイズのIC搭載SUVより長く見えるのも特徴だ。

キャビン内では、フルデジタルインストルメントクラスター、コントラストステッチを施したスポーティなステアリングホイール、照明付き開閉装置、フローティングインフォテインメントシステムなどを搭載する。

市販型では、92kWh~最大120kWhのバッテリーパックを収容するために開発されたプラットフォームに乗り、800Vテクノロジーの超高速充電に対応する。ボディサイズは2,889mm~3,100mmと想定され、ロータス史上最もヘビー級となる可能性がある。EVスペックは、全輪駆動のセットアップを可能にするデュアル電気モーターを搭載、最高出力は600psから700psを発揮、0-100km/h加速は約3秒というハイスペックが期待できるだろう。

新型エレクトリックSUVのワールドプレミアは、3月29日に予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top