これが国内向けホンダ『CR-V』後継モデルだ!コンパクトボディに「e-HEV」ハイブリッド搭載 | Spyder7(スパイダーセブン)

これが国内向けホンダ『CR-V』後継モデルだ!コンパクトボディに「e-HEV」ハイブリッド搭載

自動車 新車スクープ
ホンダ CR-V 後継モデル(予想CG)
  • ホンダ CR-V 後継モデル(予想CG)
  • ホンダ CR-V 後継モデル(予想CG)
  • ホンダ CR-V 現行モデル(参考画像)
  • ホンダ CR-V 現行モデル(参考画像)
  • ホンダ CR-V 現行モデル(参考画像)
  • ホンダ CR-V の「e:HEV」(欧州仕様)

ホンダが現在開発中とみられる新型クロスオーバーSUVの情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。2022年中にも日本での生産終了が噂される『CR-V』の後継モデルにあたる存在だというが、果たしてその実態とは。

よりボディはコンパクトに?

1995年に誕生したCR-Vは、2016年後期モデルから海外専用モデルに。2018年、第5世代として2年ぶりに日本市場に復活したが、2022年には『インサイト』などとともに生産終了となることが報道されている。ただし海外市場ではフルモデルチェンジを執行、6代目へ世代交代してモデルは存続する。

一方、国内市場ではCR-V後継モデルとして新型のクロスオーバーSUV投入計画があるようだ。現行型よりボディをコンパクト化し、1.5リットル直列4気筒+2モーター「e:HEV」ハイブリッドを搭載すると噂されている。

シンプルかつ上質なスタイリング

情報をもとにSpyder7が、エクステリアデザインを予想した。全体のイメージはCR-Vらしさを残しつつも、最新のホンダデザインのテイストを取り入れ、シンプルかつ上質なスタイリングとしている。

より具体的には、リヤゲートまで伸びたサイドウインドウ、プレスラインを極力排したボディサイドがより上品な佇まいを演出。フロントマスクは『ステップワゴン』の流れを汲んだシンプルなものとなり、ヘッドライトも細くシャープなデザインとした。ボディアンダーやフェンダーにはブラックの樹脂パーツが装着され、SUVらしさを強調する。

キャビン内では、新しいデジタルインストルメントクラスターとかなり大型化されるインフォテインメントタッチスクリーンを採用すると予想される。

新型クロスオーバーSUVの登場は、CR-Vの生産終了とほぼ時を同じくして2022年内が期待される。

これが日本向けホンダ『CR-V』後継モデルだ!よりコンパクトなボディに「e:HEV」搭載か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top