マツダ CX-60、日本の伝統を取り入れたインテリア! | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ CX-60、日本の伝統を取り入れたインテリア!

自動車 ニューモデル
マツダ CX-60
  • マツダ CX-60
  • マツダ CX-60
  • マツダ CX-60
  • マツダ CX-60
  • マツダ CX-60

マツダ・モーター・ヨーロッパは3月8日、新型クロスオーバーSUVの『CX-60』(Mazda CX-60)を発表した。インテリアは日本の伝統に根ざしたデザインを追求している。

CX-60のインテリアでは、高い水準の職人技と新しいテクノロジー、人間中心の人間工学を組み合わせて、プレミアムな空間を追求したという。エレガントで上質なインテリアは、さまざまな素材や質感を組み合わせながら、日本伝統の「開帳」の思想を取り入れたデザインだ。

上位グレードには、メープルウッド、ナッパレザーなどの素材に、独自に加工された日本のテキスタイルとクロームを配した。インストルメントパネルには特別なステッチをあしらった。メープルウッドのトリムパネルには、非対称なバランスや意図的に凹凸を設けるという日本の美学「波長」を反映しているという。さまざまなファブリックのパターンと糸が、光の変化に反応させることを狙う。日本独自のステッチ技術によって、下の素材が見える演出を施した。

CX-60には、最新のマツダ車と同様のコックピットデザインを採用する。ドライバーと車両が一体となったマツダ独自の「人馬一体」感覚を実現するために、ドライバー重視のレイアウトを備えている。同時に、CX-60は乗員に新しいレベルの快適さとスペースをもたらす、と自負する。570リットルのトランク容量は、マツダのラインナップの中で最も実用的、としている。

【マツダ CX-60】日本の伝統を取り入れたインテリア

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top